開界録2019

The time I retired from jobs is the period reviewing and comprehending my past life.

平和な江戸時代小説「草々不一」

わが街野々市には、カメリア(情報交流館)・カレード(図書館)・カミーノ(公民館等)のコミュニティスペースがある。明日はカミーノで読書会3サークルの合同読書会がある。ぼくにとっては半分公的な、外に開く活動になって退職後の張り合いになっている。読書というのはこれまで一人で読む孤独な行為だったのが、仲間で読むと孤独ではなくなり知的なコミュニケーションを楽しむことができる。一人一人は微妙に読み込むところが違って、読書が立体的になる。取り上げる課題本はほとんど小説になるが、小説の中の世界と作者と複数の読者が混じり合う空間。書いた文章でなく、話された言葉だけにその空間は生きている。時には脱線して収拾がつかなくなることもあるから、「生きもの」なのだ。作者が自分のことも気にかけて欲しいという声が聞こえると、この小説はこういうことを伝えたかったのかというまとめの段階に入る。それがうまい司会役もいるが、うまくない人の時は尻切れとんぼで終わる時もある。それも良しで、誰も責めない。みんな仲良しになる。ちなみに明日は、朝井まかての「草々不一」だ。

f:id:hotepoque:20190823170214j:plain

 Amazonの書評の中からひとつ。

江戸時代半ばから幕末にかけての、様々な武士や武士を取り巻く人々のドラマを描いた短編集。表題作は特に素晴らしかった。

武士に学問など要らぬ、武芸をしっかり磨いて大樹公(将軍様)をお守りすれば良いという、元徒衆のご隠居が、妻が死の直前に書いたという手紙を息子から受け取る。

自分とは違い書道に長けていた妻が、文字を読めない自分に託した文には何やら意味深な言葉が書いてあるが、何を書いているのか分からない。

そこで長年の考えを曲げて、手習いに通うことにしたのだが、腕白少年やかしましい娘たちに混ざって文字を習ううちにご隠居に新しい視界が開けてくる。

自分とは違い、学問に長けてその力で出世街道をひた進む息子との微妙な関係もどうなるのか、亡くなった妻の「不一」に込めた気持ちと夫が読めない手紙を託す気持ちが感動的だった。

(公論)2.26事件の真相

何故軍事政権ができたかは、明治憲法統帥権の独立にあるのではないと思う。それは動機を説明しない。戦争遂行内閣を作るという動機は2.26事件の利用の中にあると思う。簡単にいうと、文民大臣に死の恐怖を与えて黙らせる(テロの利用)ためだ。以下は岡田憲治氏のFBからの引用。

https://www.facebook.com/Okadakenji?__tn__=%2CdC-R-R&eid=ARCoFcezl0Y9INe4np6V1LuL4u2wRI24cZq_zsVcItYP8teYc7S62_QFpc3qwdPI0c0kJ1wxAvUmV6bY&hc_ref=ARRoBw2b77TVcE4nQU5jmGBapqr6wCebqj8vbTo7MevUNoF52aUkmeKcMvGd8Ye3xn8&fref=nf

 

【決起部隊の詳細を把握していた陸海軍首脳:その後の準備のために「やらせた」?】

 決起部隊の将校との電話のやりとりを盗聴した「音盤」発見をスクープした前回のスペシャルよりもすごいのは、”海軍”がほぼ全貌を詳細に記録していたものが丸々全部出てきて、それを元に、かつて澤地久枝が推論した「実は、決起部隊を利用してその後の地ならしをした」疑惑が浮上するような番組になっていたことだ。

 この記録は、第一報から順に、時系列に隙間なく、詳細な展開が示されていた。こんな詳細な記録は、「予見」していなければできないし、陸軍の戒厳司令部に(つまり反乱軍や他の陸軍部隊、つまり反乱予備軍も含めたオンゴーイングな連絡が目の前で展開される場所)「海軍軍令部の参謀」を事前に潜り込ませていなければ無理である。

 そして、ここからわかったのは、海軍は第一艦隊(当時はまだ旗艦は長門)を芝浦沖に待機させ、陸戦隊(海軍の陸上部隊、つまりは海兵隊みたいな部隊)をきっちり配置させ、反乱軍のいた具体的な攻撃目標を定めていたことだ。

 海軍は、長門の主砲でいざとなったら完成したばかりの国会議事堂を砲撃する手筈となっていた。つまり、本当に陸軍反乱部隊と海軍が「内戦」のように武力対決する寸前だったということだ。

 もう一つ、これが重要なのだが、この全貌記録によって、「陸軍も海軍も、青年将校たちの決起部隊のやらんとしていたことを、もうかなり前から把握していた」ことだ。

 わかった上で、「やらせた」のである。80年を経て、今頃そんな膨大な記録が開示されたという不可解な展開も、それで少し説明がつく。つまり「わかっていてやらせたことがわかってしまうのは都合が悪い」からだ。

 それでは、「やらせた後、何をするつもりだったのか」?

 もしこの番組が3時間スペシャルだったら(もしかすると、これのパート2を準備しているかも?)、当然詳細な「ある計画書」を取り上げることになっていただろう。

 それは、陸軍片倉衷(ただし)参謀が関わった、この事件に遡ること2年前に出来上がっていた「政治的非常事変勃発ニ処スル対策要綱」(昭和9年1月)である。

 これは言わば、「もし非常事態となったら軍はどうやって具体的にクーデターを起こし、天皇御真政のための革新政権を作り、運営していくか」の計画大綱である。

 歴史が示すように、この二二六事件は、文民政治家や官僚が「現実の暗殺の恐怖」によって、ほとんどもう抵抗ができなくなった直接の結果を招く出来事だったから、軍部はこれを通じて、あとは支那事変、太平洋戦争へと暴走する契機にしたのである。

 この「政治的非常事変勃発ニ処スル対策要綱」は、片倉参謀が残した著書『片倉参謀の証言 叛乱と鎮圧』(芙蓉書房、1981年)に掲載されている。

 二二六事件の検証は、未だ終わらず、今後ますます研究が進むだろう。闇はまだまだ深いはずだ。

www6.nhk.or.jp

敵と味方について

戦争を考えると敵を抹殺することが正義であるという論法が成り立っていることに気づく。敵から自分たち家族や郷土を守ることが正義で、それを自衛(または防衛)という。では敵がいなくて味方ばかりだとしたら、戦争のしようがないのではないか?白人至上主義であったアメリカは白人以外を人間として認めず、原住民であるインディアンを殺し、アフリカから大量の黒人奴隷を強制連行した。正確にはインディアンや黒人奴隷は敵ではないかもしれない。そもそも人間として認めていなかったから。

f:id:hotepoque:20190820211040j:plain
敵は少なくとも人間でなくてはならない。では同じ人間なのに何故、敵と味方に分けて考えてしまうのか?宗教の違いや肌の色の違いやイデオロギー(社会体制)の違いや歴史認識の違いなどがある。肌の色の違いは生物的違いというよりも、人種というイデオロギーによると考えた方が適切かもしれない。さて、これらの違いは根本的には考えの違いということはできないだろうか?宗教も思想も根本的には考えであるとして、考え方を変えれば違いはなくなるのではないか?違いを立てないという仏教の考え(「空」)がとても平和であり、本質的に敵をなくす考えだと思える。しかし現在は敵としてある人間が「空」を理解できるだろうか?戦争という実体を空にするという壮大な哲学が、敵をなくし味方ばかりにすると考えられる。

戦争を考えるとは

あの戦争がなぜ始まり原爆が落とされるまでやめようとしなかったのか、個人には止めようもなく運命のような恐怖に慄き続ける社会がどうして続いたのかが、ぼくにとってずっと問うべき謎だった。ぼくの父の世代にはそれが存在していたことが、誰もぼくの周りで語らなかったのでずっと信じられないことだった。あの戦争を体験し悲惨を身近に見てかいくぐってきたリアルさがなかなか受け止められなかった。今日ふとある考えが頭に浮かんだ。戦前戦中だったら絶対口にできないことだ。戦争は軍人が国民を巻き込んで起こすものだという当たり前のことだ。国民の困窮を救うにはそこに占領地を作ることだと陸軍大臣が発言した。軍人が政治を主導していた。軍人が世界経済を分析できるかのように力で発言を押し付けてくる。軍人が権力を握ると戦争が起こる、というのがその問いの答えだった。高性能の兵器でできるだけ多くの敵国民を殺すことができるかを正気で競争するわけだ。軍人という属性はどういうものなのだろうか?人を殺傷できる武器を持つことが許されている。その根拠は何なのか?自力でぼくは考え続けていきたい。

(公論)日本兵による日本兵の殺害

自分の死ぬ前にどうしても真実を伝えておきたくなった、、、

「本当は誰にも話さず、心に秘めて亡くなろうと思ったんです。日本人同士の争いは恥ではないかと。でも、そのことを知っている人はもう私しかいない」

news.livedoor.com

世の中は、支配する人と、支配される人に分かれているのではない

かつてのぼくのブログに「世の中は、支配する人と、支配される人にわかれている」とした、ある読書会主催者の主張に対する反論を載せたことがあった。その主張の根拠がアリストテレス自然法にあり、ぼくは哲学者を論拠とするなら、二つの世界大戦後の哲学者にすべきだと書いた。そこで今日はその哲学者としてフーコーを登場させたい。

フーコーによれば、権力関係の出発点に、全ての関係の母体として、支配者と被支配者の大きな対立があるのではない。権力とは「力関係の多様性である」。権力は所有するものでなく、行使されるものである。「権力は至る所にあり」中心を持たない。国家は権力の中心ではない。権力は下からもやってくる、、、

だから、世の中は、支配する人と、支配される人にわかれているのではない。支配する人が他のところでは支配されることもあるし、支配される人は支配する人にある場面では変わっているかもしれないのである。そのような基本的な認識を持った方が、現代世界をより正しく見ることができる。

人生で最大の失敗は就職したことだとしたら

38年間の会社勤めの生活は、なぜ失敗だったと仮定するかというとその間自分が自分でなかったように思えるからだ。例えば自分が管理職になって部下との関係を作ろうとして、自分の性格を非人間的な殻に当てはめようとした。普通に先輩のように温かく接することをせず、距離を置いていた。分からないことを親身になって何でも相談にのれていなかった。デザイナーという職種では、スキルの差が「作品」の主観的な優劣を呼び込むことがある。下からのプレッシャーを感じる職種だと今書こうとしたが、実力が問われるのはどんな職種でも同じかもしれないと思い直した。会社という環境は、四六時中周りが競争状態でもあることを今になって改めて思う。そのストレスに柔軟に対処できなければそもそも社会人として生きていけなかったのかもしれない。多かれ少なかれ、どんな企業もブラックな要素を持っているし、うまくそれを切り返したり切りぬけたりできるタフさを備える必要があったということなのだろう。

だが、そんな環境は今からするとひどく人間性が失われていたことが分かる。よく考えてみると、自分を保ち続けるには周りの誰かを傷つけていたと思う。傷つけ合うことに不感症になっていたと思われる。

どこを目指すか

昨日のブログで、自分に絵の才能がなく進むべき道を間違えたと書いたが、ではその時どこが自分にとって進むべき道だったのか、と問いを立ててみたい。絵の才能はなくても生きる道はあるはずだったのだから、絵の才能以前(未然と言うべきか)の生きる能力の発揮されるべき環境が見出せるはずという前提に立って考えてみよう。デザイナーという職種で地元の中小印刷会社に雇われる道をその時選択するしかなかったのだが、本来デザイナーの領域には絵を描くことが必要条件の一つではあっても十分条件ではなかった。今ではデザインはある種経営手法の一つでさえある。ぼくは生来自由を求め、他者から指図を受けることに苦痛を感じる方だったので、自立する道を目指すしかないと決めるべきだった。デザインを思考モデルや商品開発モデルとして生かす道を開拓すべきだった。、、、というように道を構想することがその時求められていたと思う。では、なぜそれができなかったのか?自分を深く知って自分を信じるということができなかったのだ。

もし自分のこれまでの人生が失敗だったと仮にすれば、これからはその失敗を研究し尽くして成功に転換できるはずだ。せっかく自分の人生を賭けて「失敗」の経験を積んできたのだから、生きた事例でいっぱいのはずではないか。それをやってみよう。

今の自分は何でできているか

現在の自分がこのようにあるのは、いかなる理由によってか?もちろん両親から生を受けているわけだけれど、どうして自分は他の人のようではないのかと辿ってみると、いくつかの人生選択の結果であることがわかる。ドラマのようには進まなかった。妻と平凡に巡り合ったけれど、今でも最も大事にすることができる世界中でただ一人の人だ。それは一番長くぼくのそばにいてくれるということの結果だ。美大に行ったけれど絵の才能はなかった。進む方向を間違えたのに、大きくその時に方向転換しなかった。でもサラリーマンとして何とか破綻せずに定年まで来ることができた。

昨日、もうブログを止めようとして削除ボタンをもう少しで押しそうになった。これ以上同じようなことを書き続けても意味はないと思え、新しい自分がブログを捨てることで訪れるように感じた。でもそれは錯覚であるとして、しばらくして考え直した。

今、自分を変えたいと思っている。だから今の自分が何からできているのかと反省してみたのだ。「道」という観念がある。どんな道を歩いてきたのかと反省する。「界」という観念がある。物理的、精神的にどんな関係性を作って生きてきたのかを反省する。今退職して「道」はなく、「界」もぼやけている。

おそらく自分のこだわりを捨てるべきなのだという声が聞こえる。誰かのために生きるという道がある。生きる自信をなくしている人に、生きていていいんだよと優しく声をかけたいと思う。過酷な時代だけれど、絶望してもいいから前に進もうと励ましたい。

ただ生きていても十分だと。ただ弱いものいじめはするな、絶対に。

テレビは流されやすい

いつもテレビでしたり顔で解説している司会者やマスコミ編集者が、いかに流布されているロジックに対して突っ込んで勉強していないかをよく示している。

www.youtube.com

(公論)日韓問題

現在の日本韓国間不信の原因を歴史に学ぶ一資料として、以下のブログ記事を記録しておきたい。投稿者は、内海信彦という早稲田大学教授です。

www.facebook.com

 

「台湾を経営し、朝鮮を合邦し、満州五族協和の天地をつくったことが帝国主義といわれるなら、それは光栄の帝国主義である」椎名悦三郎
「日本は植林し、鉄道を敷設し、水田を増やし、韓国人に多くの利益を与えたし、日本が進出しなければロシアか中国に占領されていただろう」久保田貫一郎

極右安倍晋三のルーツを、満州国中枢に君臨した岸信介椎名悦三郎まで辿ることで、今日の韓国・朝鮮への敵対的態度が、帝国主義者の系譜のなかで一貫して持続されて来たことを、考えてみたいと思います。

 岸信介の腹心だった椎名悦三郎は、外務大臣当時の日韓会談のさなかに、著書「童話と政治」で、「台湾を経営し、朝鮮を合邦し、満州五族協和の天地をつくったことが帝国主義といわれるなら、それは光栄の帝国主義である」と書いています。椎名は、同様の発言を日韓会談でも再三繰り返していました。 
 
 外務官僚の久保田貫一郎も、1953年の日韓第三次会談で朝鮮・韓国植民地支配を正当化して、「日本は植林し、鉄道を敷設し、水田を増やし、韓国人に多くの利益を与えたし、日本が進出しなければロシアか中国に占領されていただろう」と発言して、交渉を決裂させています。

 日韓条約を巡り、韓国民衆は、朴正熙軍事独裁政権下で、激しい反対闘争が繰り広げました。まさに韓国民衆は、今日の日本政府が帝国主義の過去を省みない、抑圧的な韓国・朝鮮への姿勢を見越していたのです。日本でも日韓条約反対闘争が展開され、1960年安保闘争の敗北以来、沈滞していた学生運動が甦生して、社共の日和見的な議会主義を乗り超えた1960年代後半の学生反乱の契機となったのです。日韓条約反対闘争のなかで、日韓民衆が主張した日本の帝国主義的復活と、植民地支配を正当化し、侵略を認めず、経済侵略を目論み、南北分断を固定化させる、今日の日本政府の傲岸な政策を正確に予測しています。

 1950年代から60年代の日韓会談で日本政府が露呈した、帝国主義者としての本性は、一貫して自民党安倍晋三に代表される極右全体主義者に受け継がれて、今日の極右日本に蔓延する、反韓嫌韓というヘイトクライムに至っているのです。そして満州国こそが、戦後日本の祖形であり、岸や椎名が造り上げた戦後の保守合同による55年体制と、企業域内労使協調と疑似的社会主義擬制は、満州国の再生であり、国内植民地化の完成形態だったのです。

 椎名 悦三郎は、商工省官僚時代に岸信介から招かれて、中国東北地方の植民地支配である満州国の中枢にいて、岸が心酔していたソ連共産党全体主義体制を規範に、満州産業開発五カ年計画と統制経済を実行し、その後の全体主義体制下での総力戦体制の原型を造った人物です。関東軍支配下満州国で、疑似的社会主義体制作りを行った椎名は、アヘン製造販売の莫大な利権を握った東条英機と組んだ岸信介とともに、国有企業に近い独占的国策企業である満州重工業開発会社を創立して、日産コンツェルン総師鮎川義介と結託し、中国民衆からの収奪により莫大な盗みを働いたのです。

 こうした帝国主義者としての実績が買われて、東条内閣の商工大臣となった岸の腹心である椎名は、国家総動員体制の先頭に立ち、商工省総務局長から商工次官になり、日本共産党の転向者で後にフジテレビ経営者になった水野成夫らとともに、翼賛体制作りに奔走し、腐敗を極めた軍部首脳と資本家とともに巨額の利権漁り励んだのです。

 国家社会主義者を自称した革新官僚である岸と椎名にとって、戦争とは、至福のビジネスであり、醜悪な利権の泉です。戦時全体主義体制による岸と椎名の支配者の様相は、ファシストとともに共産党官僚独裁の支配と酷似しています。そして戦時下の人脈は、そっくり戦後の自民党社会党の一部に受け継がれて行くのです。戦犯としての処刑を免れた岸が、社会党入党を目指したことは意味深長です。

 戦後体制とは、戦前・戦中の総力戦体制がそのまま官僚独裁体制として延命されたものであることが、岸と椎名の醜悪な生き様を見ることで明確になります。全体主義体制と国家総動員体制は、企業社会と学校にそっくり継承されています。

 国家社会主義的な官僚独裁体制は、内部批判を認めない中央集権体制として、戦後議会政党に延命しています。転向者の責任を問わないまま、敗戦後に復活した社会党と、日本共産党は、転向者の負の歴史を無かったことに修正することで、保守合同と同様な戦争加担の責任を不問に附している点で、双子のようです。今日の立憲改憲を公然化して右傾化した旧民主各党と、天皇制までを認めるに至った日本共産党の右傾化は、自民党と連動した過去の歴史修正主義から始まっています。

 天皇制と官僚体制はそっくり戦後も温存され、企業内および学園内の全体主義と、政治主義者内部の全体主義が温存され、しだいに社会全域で蘇生して、今日の全体主義日本が復活したと思います。椎名悦三郎が言った栄光の帝国主義とは、実に言い得て妙であり、本当にその通りに復活蘇生する予言だったのです。

 ただし栄光の大日本帝国が崩壊したことも、再び繰り返されていることは、椎名に想定されていたかは、甚だ疑問です。まさか岸信介の孫によって、復活蘇生したはずの新日本帝国が、あっけなく内部から崩壊していくとは、夢にも思わなかったでしょう。

------------------------------------------

1965年2月23日 衆議院本会議議事録 外務大臣椎名悦三郎不信任決議案をめぐる審議より

石野久男君 私は、ただいま上程されました椎名外務大臣不信任案に、日本社会党を代表して賛成の討論をいたさんとするものであります。(拍手)

 ただいま福田議員は、椎名外務大臣の信任を支持するために、こじつけた意見を述べられました。民族を裏切り、軍閥の上に乗っかった朴政権、それと取引をしておるところの佐藤内閣、その佐藤内閣がいま日韓会談を進めるにあたって、北の朝鮮の問題に触れて、福田議員は、社会党に尋ねると言いました。社会党は、六一年七月の中国と朝鮮との軍事同盟をどういうふうに考えているかということであります。韓国はアメリカとの間に、すでにそれ以前から軍事同盟を持っておるということを福田さんは知らないでおる。(拍手)そうして、彼は、虚構の事実の上に立って、いたずらに非難しようとしておるのであります。

 私は、これから椎名外務大臣を不信任する理由を申し上げます。

 賛成する第一の理由は、椎名外相は、平和外交の識見がないということであります。特に、アジア外交における基本的理念が大東亜共栄圏の夢を依然として追っておる亡国の政治屋であるということであります。

 今日、日本の外交は、中国、朝鮮を中心としたアジア平和外交の確立なくしては、経済的にも、政治的にも、百年の計を誤ることはだれでも知っていることであります。(拍手)しかるに、椎名外相は、その著書「童話と政治」で、「台湾を経営し、朝鮮を合邦し、満州五族協和の天地をつくったことが帝国主義といわれるなら、それは光栄の帝国主義である。」わずか二年前に、このことを彼が通産大臣のときに書いておるのであります。(拍手)彼は予算委員会において、そのことは、すでにもう改めたと言いました。そしてまた、彼は、共同声明の中においても、それを改めたと言っております。しかし、彼は依然として中国封じ込めの政策に確信を持っております。その政策は改めようとはしていないのであります。彼はまた、三十六年間にわたる日本の朝鮮支配に反省せず、朝鮮人民の南北統一を少しも考えようとしていないのであります。むしろ、平和統一を決定的に阻害する日韓会談基本条約の仮調印をしたのであります。椎名外相の、光栄の帝国主義の考え方を全く改めたという答弁はうそであります。アメリカの中国封じ込め政策に積極的に協力し、北進滅共統一の朴政権とかたく手を握って、椎名外相の行なうその政策の中の、いずれに光栄の帝国主義の思想が消えているということが言えるのでありますか。いずこに過去を反省し、朝鮮国民に示しておるということが言えるのでありましょうか、椎名外交は、依然として忘れることのできない光栄の帝国主義大東亜共栄圏の夢を追い、平和外交の基調を持っていないという事実を示しておるのであります。(拍手)

 第二の理由は、彼が行なった日韓基本条約の仮調印は、秘密外交の最たるものであるということであります。

 憲法をじゅうりんし、国会を無視し、侮辱することこれに過ぎるものはないといわなければなりません。椎名外相は、本院において日韓会談の一括解決を確認し、基本条約の仮調印を行なわないということを明確にし、また、羽田を立つ際にも重ねてそのことを声明した。しかし、わずか三時間の後、金浦飛行場におり立つや、胸を張って、仮調印する意思のあることを公式に声明したのであります。何たる国会を侮辱することでありますか。われわれは、このような椎名外相の政治姿勢を問題にしなければなりません。彼は、台閣に列して、身を外務大臣の要職に置き、その政治責任をはたして何人に対してとろうとしておるのでありましょうか。彼の眼中には、アメリカと朴かいらい政権があって、祖国と日本人がないのであります。(拍手)われわれは、かくのごとき外務大臣に国政をゆだねることはできないのであります。

.http://kokkai.ndl.go.jp/…/syu…/048/0512/04802230512010a.html