開界録2019

The time I retired from jobs is the period reviewing and comprehending my past life.

2019-02-07から1日間の記事一覧

「嘔吐」ひと口感想

今朝サルトルの「嘔吐」をようやく読み終えました。のちに現象学に出会って「嘔吐」のテーマを哲学でやろうとして「存在と無」を書き出すことが予感できる小説でした。サルトルは意識に囚われていて存在にも意識があると感じているので、モノにも意識が取り…