彷徨える初期高齢者

62歳からの生き方を探し、もがいて苦しむことに必死になる。誰でもない自分の人生として。

村上春樹とロマンロラン

f:id:hotepoque:20180126061851j:plain

村上春樹の「アンダーグラウンド」と「約束された場所で」それと、「風の歌を聴け」をようやく定年後読むことができた。驚いたのは処女作で作家としてのテーマが既にほぼ展開されていたことだ。ほぼ同じテーマでその後の作品を書き続けている、、、、(手法は違えているが)

アンダーグラウンド」と「約束された場所で」も鼠や直子が自殺する原因となった「システム」の追求の文脈に入れることができると思う。もちろん「1Q84」には「アンダーグラウンド」と「約束された場所で」は引き継がれている(というか、動機になっている。)

これからも他の作品を読み続けていきたいと思う。今、「風の歌を聴け」に出てくるメンターのデレク・ハートフィールドが 唯一認める小説として挙げている「ジャン・クリストフ」を読んでいる。

高校2年の時一度読み通してはいるのだが、今回読み直してみてほとんど覚えていなかった。(読んではいなかったということ?)

ロマンロランは固有名詞にならない「流れ」や面影といった不確かなものや音楽表現がうまいと思いながら読んでいる。例えば以下のように。

楽家の心にとっては、すべてが音楽である。震れ揺らぎはためくすべてのもの、照りわたった夏の日、風の吹く夜、流れる光、星の閃めき、暴風雨、小鳥の歌、虫の羽音、樹々の静寂の中に動脈を膨らます血液の音_____すべて存在するものは音楽である。問題はそれを聞くと言うことにのみにある。存在するもののかかる音楽は、ことごとくクリストフのうちに鳴り響いていた。彼が見るものすべて、彼が感ずるものすべて、音楽に変わっていた。彼はあたかも騒々しい蜂の巣のようであった。しかし誰もそれに気づかなかった。彼自身も気づかなかった。