彷徨える初期高齢者

こころの中の私という同一性の海の中で、少年から大人に移りゆくまでの自己幻想にふと至ることがあって、ああ、あの感じはなんだっけとその感情に寄り添いながら、激しく回顧したい欲望にとらわれる。 喪失が長く続いた後の面影としてふと現れる、こころの不思議さに探求の理性を発動したくなる。 哲学か文学かは問わず、私という現象に没頭したい。

内面の自由を耕す

          f:id:hotepoque:20180218200602j:plain

社長のひと言によって人格が否定された時鬱になったと書いたが、実際には医学的な鬱にはならなかった。つまり医者に行かなかったので病気として認定されたわけではなかった。でも慢性的にひどく気持ちが沈んだ状態であり、元気を出そうと思えば元気にもなれるがその気になれなかった。もちろん自信というものが一切なくなるのだから、とにかく何か確かなものというか、ことが欲しかった。

社長のひと言になぜ極端に反応したのか原因を探ってみるという方法がある。ここでは社長が言った言葉は言いたくないので書かないが、どのようにぼくが受け取ったかは書くことができる。それはぼくが社員じゃなく、使用人の身分に過ぎないと思い知らされたのだった。現代の契約では雇い主と被雇用者は対等とされている。しかし契約後は主人と奴隷の関係に置かれうる。つまり可能性としてあるが、状況によっては現実になりうるということだ。歴史の授業で、資本主義社会は江戸時代のような封建的社会が革命(日本ではなぜか維新という)によって崩壊してできたと習ったはずだ。ところが資本主義は自分に都合のいいところは、封建的にして残すのだ。今だからそのように言葉にできているが、当時は悶々とするばかりで、もちろん自分は使用人だと認めるわけにはいかなかった。会社を辞めれば解決するのだろうが、そこまでの勇気はなかった。地方の中小企業の社長はどこも同程度だろうと思われた。

さて、使用人の自分を否定すべく自分を確立するために本をむさぼり読むことになるが、まず屈辱感があってその感情を癒す必要があった。その頃ラジオを聴くようになりNHKのこころの時間という番組で、唯識を学ぶ講座があって半年ほど聞いていた。その間に少し楽になった気がした。講師は岡野守谷という人で、トランスパーソナル心理学唯識仏教との、つまり東洋と西洋の、古代と現代の融合という視点を持つ宗教臭くない人だった。自分の心の中がかなり解明されて分かった感じがした。唯識はある意味で社長からのプレゼントだった。つづく。