開界録2019

The time I retired from jobs is the period reviewing and comprehending my past life.

無限知への入り口

f:id:hotepoque:20180519084736j:plain

書きたい欲望の根拠にあるもの

その場所の存在模様

それは、無のような空間でありながら

無限に広がり

結び合っている

それは、ブログ空間でもある

愛のエネルギー空間でもあるかもしれない

表現者、芸術家、哲学者、歴史家たちの

知の空間と

繋がっているかもしれない

_______________________________

 でもどうしてそれは無のようなネガティブなものなのだろう?

どうして欠落しているのだろう?

欠落しているから埋めたくなるのだろうか?

愛で満たそうとするのだろうか?

賢者の知で慰めようとするのだろうか?

ぼくの孤独が認められるのだろうか?

君と出会いたいからだろうか?

それが書く行為としてしか認められないとしたら

自分を励まして書き続けるしかないのだろうか?