彷徨える初期高齢者

結局自分自身についてしか確かなことは言えない。時代とその世界の中で生きて、自分を通してしか知りえないことについて現象学的記述を試みる。

あの時代を生きた世代

年齢を重ねるごとにナイーヴな心情をかけ替えのないものとして
慈しむ気持ちが成長してきている
それはあの時代に青春を過ごしたからこそであると
失われた時代を慈しむことと重なることになった

今はぼくより数年下の世代にはもとより通じないが
不思議なことに40年もすると珍しがられる
ぼくたちにとって、どの時代にもない独特の乾いた
にじみ出るような存在の心地よさがあった

エロスに知的なエレガントが加わる風情には
東から吹いてくる風がどことなくオリエントを感じさせ
ぼくたちは無国籍な潮流で日本の伝統に
新しい優しさを重ねようと、不遜にも挑戦したのだった

吉田拓郎アジテーションのように歌った
泉谷しげるは情念の解放区を歌った
ユーミンは無国籍の女神だった
村上春樹はキザな語り口を発明していた
村上龍は暴力とセックスを想像力に閉じ込めた
大江健三郎はいつもそばにいてくれた
サルトルは状況を語りどちらの立場をとるか迫った
埴谷雄高は文学の力を信じさせた

乾いた夏の、都市の蜃気楼のような
時間のない形而上的な永遠に育てられた世代だった

www.youtube.com