開界録2019

The time I retired from jobs is the period reviewing and comprehending my past life.

予感の正しさ

頭で色々考えても自分のしたいことに繋がらなければ、それで終わりだ。結局実行されずに終わる。自分がこれから死ぬまでに為すことは、今の心に小さくポっと生まれ出るような蠢きとか、憧れのような動きに左右されると思う。ここのところ、テニスをめぐって小さな変化が生まれている。テニスは三十の頃にスクールに1年間通って一通り打てるようになった。マッケンローとボルグの時代だ。今は錦織とジョコビッチなどの時代だ。当然テニススタイルが異なる。ボールにスピンをガンガンかけるスタイルだ。ぼくは最近3ヶ月ほどかかってバックハンドのスピンストロークができるようになった。(ついでに言うと、一度身についた型を変えるのはとても困難なことの一つだ。)ボールがラケットのガットに擦れる感触がバックハンドの時感じるようになったら、フォアハンドでもその感じが欲しくなる。このボールがラケットのガットに擦れる感触というものが、ぼくのこころの底の方に沈殿し続けている。この小さな感触がこれからの行動に変化をもたらすことはほぼ間違いないだろう。