開界録2019

The time I retired from jobs is the period reviewing and comprehending my past life.

村上春樹の読者が若いわけ

ウチの購読紙は地元の地方紙である「北國新聞」なのだが、先日来数回にわたって村上春樹のインタビュー記事を連載していた。インタビュアーの記者は業界では有名なハルキ礼賛者の時事通信社の人らしい。連載の最後に、海外の読者に若い人が多いのは何故かという質問に、自分の文体がニュートラルでどこの国にも溶け込みやすいのではないかと答えていた。(ニュートラルという言葉は使っていなかったが、そんなに的外れになっていないと思う)それは確かにそうなのだが、特に若者に受ける理由としては物足りない気がした。ぼくとしては単純に村上春樹の小説は青春の自己喪失を描いていて、そこからどう立ち直るかを身を切るように追求しているからだと思う。そういう点で、月村敏行という文芸評論家は埴谷雄高と同じだと、「Happy Jack 鼠の心」という評論集のなかで、編集者の高橋丁未子のインタビューに答えて言っていた。