開界録2019

ぼくの生きている実人生に架けられている「謎」を知るために、そしてそれを解くために。

関係が薄くて淡白な日常

昨日、ある事情から唯川恵の「淳子のてっぺん」を読み終わった。登山家、田部井淳子をモデルにした長編小説だ。(本人に了解をもらって小説にしている。だからノンフィクションやドキュメンタリー、評伝ではない。)登山家を山屋と業界用語で言うらしい。山登りを極めようとする人は生涯を山と過ごし、命の危険を犯してまでも次の登山に挑戦し続ける。山男、山女の世界はこんなにも熱くて濃厚な世界なのかと、小説を読んで初めて分かる。どの世界もプロとして極めようとすれば一生涯をその世界に捧げることになる。女性で世界で初めてエベレスト登頂に成功するという快挙を成し遂げる背景には、部外者には想像できない困難がある。困難を知りながら困難に向かおうとするのは、自分を試したいからみたいだ。小説中に(事実に基づいて)事故で何人も死者が出ている。恋人を突然の雪崩で無くしたり、落雷で30人くらい一度に高校生が死んだりしている。ある山岳会は新人会員を一度に多く入れてしまったために、防げたかもしれない事故を招き遺族に責任を追求されたりする。読み終わって感じたのはつくづく自分の人生が安全志向で、自分の責任が追求されることのない世界で生きてきたという感慨だった。危険と隣り合わせでないと命は燃えないというのが真実なのだろう。さて、なんともだらしなく過ぎていくこの退屈な日常にあって、出し惜しみすることなく全身全霊を捧げる生き方ができるものだろうか?

個人的に核と向き合うために

「これまでの核軍縮運動の間違った点は、保有国ばかりに焦点を当ててきたことだ。」ICANのこの指摘に、既存の原水禁原水協はどう応えているのだろうか?ぼくにはICANの方に戦略的思考を感じる。誰に対して誰と戦うかを被害者の立場を生かして戦うべき。

www.jiji.com

目的を持って読んだ小説

「世の中を知るための小説」という自らの題につられて、過去に読んで面白かった本を取り上げてみたくなって、今回「目的を持って読んだ小説」と題してみた。石川県の県立図書館が主催かどうかわからないが、その読書会サークルで「本を読む仲間の集い」というイベントが古くからあって、昨年その課題本の中に原田マハ「中断された展覧会の記憶」があった。3.11の原発事故で架空の福島の美術館企画展でアメリカの作品の返還を求められたという設定をした短編小説だったが、ぼくには上昇志向の新進作家が原発を自らの「美術館小説に利用」したように思えた。自分の都合ではなく本格的な3.11以後の小説を探していた。その時探し当てた小説の中に、金原ひとみの「持たざる者」があった。3.11で受けた傷を作家として正当に身に引き受けた上で巧みに同世代の生活者を描き出していた。「目的を持って」というのはいささか大袈裟ではあるが、ぼくの共感したい気持ちを満たしてくれた。

f:id:hotepoque:20200803105515j:plain 

世の中を知るための小説

現代の幸せのカタチを知るための短編集2冊。息抜きに読んでみて意外に面白かった。村上龍の「55歳からのハローライフ」と唯川恵の「愛に似たもの」。流石に実力ある作家の書きっぷりを感じた。

f:id:hotepoque:20200802103115j:plain      f:id:hotepoque:20200802103132j:plain

定年後リタイヤ生活の男

2020年7月31日金曜日という日が終わろうとしている。午前中に野々市市の読書会サークルの上部団体の会長さんから電話があった。定年退職してとにかく住んでる街に知り合いを作ろうと読書会サークルに参加したわけだが、この判断は正しかった。好きなことで仲間ができるのはとても楽しいことで、本を読んでいると尊敬されるところまでいかなくても関心を持ってもらえるところが、何よりもいいと思っている。電話の内容は、来年の文化行事に作家を招いて講演会をするので、運営メンバーになってくれという誘いだった。金沢出身の直木賞作家を予定しているとのことだった。女性作家で恋愛小説が中心ということで、ぼくの趣味には合わないのだがそんな贅沢は言えない。この歳で思いっきり恋愛小説に読み耽ってみるのも一興かもしれない。お招きする以上は、その人の作品を読んでおかなければならないというほどの礼儀はわきまえているつもりである。ところで、我が国の文学はいつ頃から女性作家が登場するようになったのだろうか? 金沢の三文豪はいずれも男であるし、ノーベル文学賞受賞者も男である。でも最近は芥川賞でも女性の受賞者が増えている。色々社会変化している中で、老後生き生きと活動しているのは女性中心であるのはいつ頃からなのだろうか?

テレビやインターネットの登場で、時代はコミュニケーションが価値を持つ社会になったことが大きいだろう。コミュニケーションはやはり女性の方が得意だから。男の価値は沈黙にあると粋がっていると居場所がいつの間にかなくなっている。年老いても男は牙を抜かれないようにして生きなければならないと思ってはいるが、、、

韓国でも聴ける村上Radio ?

村上Radioは韓国でも聴けるんですね。(あるいは在日の方が日本でYoutubeにアップされたのか)確か村上春樹作家活動40周年を祝うイベントを収録した時のものだった。イントロで誰かが大胆にも本人に「多崎つくると、色彩を持たない巡礼の旅」の最後の恋愛の成り行きを(途中で終わっているので)尋ねていたが、答えはもちろん「そこがいいんですよ」(会場の笑い)だった。

www.youtube.com

定年後リタイア生活で前進できること

何が前進になるかは、自分に与えた目標によってそれぞれ異なる。どうしてそれが目標になるかは何かの能力がうまく開発される経験をしたからだ。その経験は自分にとってかけがえのないものに思える。平凡な日常生活にエネルギーを与える、奇跡の一瞬のように思える。何度も挑戦はしているのに失敗の連続だと諦めてしまいがちになるのに、ある時カチっと成功するタイミングに出会う。心の中に自分一人の歓喜を何度も噛みしめる。ぼくはヤッターとは叫ばないタイプだ。外に出してしまったらなくなってしまうかもしれないから。唯識の教えに薫習というのがある。あるコツを掴むのに、体に教え込むほどでないと本物にならないので、何度も何度も繰り返して習わせるのを薫習というのだが、スポーツ選手や演奏家も同じことをやっている。つまり練習をしている。ぼくも定年後のリタイア生活では、練習することで前進する領域をとても小さいが持っている。情報過多で何にでも興味が拡散してしまう日常で、その小さなことに集中するのはなかなか難しいことである。最近つくづく難しいと思わせられる毎日だ。

定年後100分de名著で学ぶ

NHK「100分de名著」は通常録画はオンデマンドで有料になっているが、これはどういうサイトなのか分からないが無料で提供している。おかげで、テレビの時はイマイチ把握できなかったハンナ・アーレント仲正昌樹先生による解説がよく分かった。

全体主義あるいはヒトラー独裁政治をヒトラーがやったことから研究するのではなく、大衆の側からどのようにして生まれたかを研究する方が理にかなっていると思う。しかしそれはあまりにも理にかなっていて、宿命として諦観される恐れもある。ちょうど、太平洋戦争を小林秀雄が宿命だったと述べたように。

 

www.dailymotion.com

I want to write

I want to write just being born words by English. Because I want feel getting out words from myself. I am Japanese 67 years old. I am bored myself of being Japanese. I want feel defferent things outside of me. That is another life, personality, and a parallel world. I wonder if anyone understands my feelings.

若者に寄り添い続ける作家

今度の野々市市の公民館での読書会で、村上春樹の短編「アイロンのある風景」がとりあげられる。昨日2回目を通読した。隅々までも馴染みの「村上ワールド」だった。ぼくには馴染みでも、ぼくより人生の先輩方ばかりの読書会で「村上ワールド」は初の人がほとんどだ。「海辺のカフカ」や「1Q84」を読んだことがある女性は、パラレルワールド形式自体に馴染めなかったようだ。以前どうしてそういう形式をとるのかを質問されたがうまく答えられなかった。要するに私という存在には外側に向けて生きる自分と、内側に向けて生きる自分がいて、事実や真実をリアルで自由に表現しやすいと考えたから、というようなことを応えた記憶がある。

今度の「アイロンのある風景」で、三宅さんは順子を一緒に死のうと誘うのかがぼくには分からなかった。村上春樹はそれを書くときに頭にあったのは、ひょっとして太宰治ではないかと勘ぐってみたが確証があるわけではもちろんない。春樹は日本文学を壊そうとしているような感じがするのだが、それは父親との確執に原因があるようだ。とにかくぼくが読んできた作品では、小説内小説が登場し小説で文学論をやっているかに思われる。文学論まで行かなくても固有の作品が紹介される。「アイロンのある風景」ではかなり重要な役割で、ジャック・ロンドンの「焚火」が登場する。読書会のメンバーで熱心な人がいてわざわざ野々市図書館でそれを見つけて、読んでからぼくに回してくれた。熱心な村上春樹の読者または本好きの人は、せっかく春樹が小説内で誘っているのだからジャック・ロンドンの「焚火」までを読むと思う。ぼくも読んで小説内小説の融合を味わうことになった。つまり読書から得た影響を自分の小説で展開する物語なのだが、考えてみたら別に普通のことのように思える。ただ主人公の順子は普段本を読まない若者でジャック・ロンドンの「焚火」は唯一の例外だった。そして順子は他の村上作品で登場する直子やユズキに似ていて自殺願望があり、父親との関係が複雑である。三宅さんは東灘区という固有名詞に家族を置いてきていて村上春樹本人を思わせる。家出してきた順子は三宅さんの焚火イベントに付き合ううちに、本当の家族を感じ始める。この短編は阪神淡路大震災地下鉄サリン事件が起こった1995年の間の月、2月が小説内現在とされている。傷ついた心の改修には焚火の力に頼るためにジャック・ロンドンの「焚火」の深さまで追体験することが求められたと、ぼくには感じられた。ついでに言えば、この短編で志賀直哉の「焚火」を批判(作品を書くことによって結果的に)しているらしい。

f:id:hotepoque:20200703180212j:plain