開界録2019

ぼくの生きている実人生に架けられている「謎」を知ることから、一人で闘う階級闘争へ。

2020-08-13から1日間の記事一覧

左翼と右翼

大江健三郎は最初からすごかった。右翼青年山口二也をモデルに「セヴンティーン」と「政治少年死す」を描いた。今日読んで久しぶりに小説で震撼する経験をした。対して三島由紀夫は左翼少年を描くことはできなかった。「政治少年死す」は長らく右翼の抗議で…