開界録2019

ぼくの生きている実人生に架けられている「謎」を知ることから、一人で闘う階級闘争へ。

2021-01-30から1日間の記事一覧

純文学と大衆文学の違い

今日今年最初の読書会が行われた。課題本は唯川恵の「淳子のてっぺん」だ。唯川恵は軽くて読まないという古参メンバー二人がいたが、この本は読んで高評価をしていた。ただその評価も主人公の田部井淳子モデルの淳子の人間性や夫との夫婦愛の素晴らしさに対…