開界録2019

ぼくの生きている実人生に架けられている「謎」を知ることから、一人で闘う階級闘争へ。

2021-05-20から1日間の記事一覧

「こころの故郷」とは何か Where's a home in the soul?

ぼくがずっと追い続けている、「こころの故郷」とは以下のようなものに近いイメージである。 歳時記 ヨーロッパでいえば、シェークスピア劇 里山の風景 袖振り合うも多生の縁という言葉が生きていた共同体 古き良き時代を感じさせる習慣 万葉集で歌われた和…

「こころの故郷」づくり

何かを書きたい気分になっている。この気分という情動の存在論を確かハイデッガーが「存在と時間」の中で書いていた気がするが、確かめるのも億劫なので自分の心に聴いてみることにする。気分には判断にまで至らない曖昧性があるが、何かのきっかけにはなっ…