開界録2019

ぼくの生きている実人生に架けられている「謎」を知ることから、一人で闘う階級闘争へ。

2021-12-20から1日間の記事一覧

現代の豊かさとは

正確には思い出せないが、河合隼雄が現代の子供たちの不幸な環境として、何でもすぐに手に入る便利な生活を挙げていた。すぐに手に入ってしまったら何事もつまらないだろう。そのつまらなさは倦怠感を生み、冒険のような最高の行動経験から隔てられてしまう…