開界録2019

ぼくの生きている実人生に架けられている「謎」を知ることから、一人で闘う階級闘争へ。

2022-01-22から1日間の記事一覧

ぼくにとってサルトルはどのような存在か

斎藤幸平によって現代にマルクスが蘇った。物質代謝という概念が概念としての力を発揮するようになった。あらゆるものが物質の自己運動でできていて、資本主義はそれを乱していることが分かり始めている。21世紀のマルクス主義というものが20世紀のマルクス…