開界録2019

ぼくの生きている実人生に架けられている「謎」を知ることから、一人で闘う階級闘争へ。

公論

久しぶりの[公論]

以下は俳愚人さんが自身のブログに備忘録として転記掲載されたものだ。私も同じくこの国の現実を忘れないために(重要性に鑑み)無断掲載させていただいた。 「菅退陣」に追い込んだ厚労省「医系技官」/医療ガバナンス研究所 上昌広 コロナ対策の迷走は、日…

ネット性善説

そう言えば、評論家がいなくなった気がする。この人が言うように、いつの間にかAIにとって代われてしまったらしい。ネットは最終的にいい方向に向かうと、養老孟司は言った。 www.youtube.comネット

司法を舐めた権力者は裁かれる

2015年7月16日のクーデターを最大の成果とした、権力を乱用した権力者は、全国600人を超える弁護士や法学者のグループによって今、追い詰められている。 topics.smt.docomo.ne.jp

世界の中で日本人として生きる

毎回この人(元全共闘、兵頭正俊氏)の言論発信を聞いているが、今回のは特に勉強になった。日本人として最低限の認識は持つべきだと思う。 www.youtube.com この動画の4分の1あたりにある以下の記事が興味深かった。 電通のやり方(コピペ)-①日本人の精…

自分の掟を破ってしまったこと

ぼくは自己中ではないが、自分の責任の及ぶ範囲内で書くことを自分の格率に置いていた。それがある動画のコメントを書いてしまったことから、自分からそれを破ってしまうことになった。自分は35年以上もテニスを趣味でやっていて、当然テニスプレーヤーに好…

(公論)日本の若者は大人のナオミから学べ

front-row.jp

(公論)コメントできないSNSは有害?

哲学・批評 | (TOKYO) FACTORY MAGAZINE 埴谷雄高の虚体論がどう受け止められているかを知りたくて、検索すると興味深いサイトにたどり着いた。タイトルも「メモ書き『サリンジャー的、サルトル的ーあるいは村上春樹と柄谷行人、ポストモダンの文学精神』」…

資本主義しかないか

資本主義って経済学の言葉で語られるから、馴染みがなくて難しく感じられるが、要は自分が置かれている今の世界のことだ。自分を商品にして売らなければ生活を維持できない。商品は例えば芸能人になって人気者になるような、自分の能力をウケを狙って笑わせ…

(公論)文学とは革命のこと

*上の写真は、早稲田大学図書館 昨日に引き続き、佐々木中著「切りとれ、あの祈る手を」から 革命の本質はそんなこと(暴力_引用者)にはないのだと。いかなる遠く遠く瞬く微光のような果敢ない可能性であろうとも、われわれは別の革命を生きることが、何…

(公論)新型コロナと闘う

4月9日作成の動画なのでやや遅いのであるが、危機がそのまま伝わってきて今まで以上に認識が深まった。これは共有すべきだと思ったので、ぼくのブログにもアップしておきたい。 www.youtube.com

Poor lonely dead men.

とうとう出た。誰にも知られず、誰からも助けられず新型コロナウィルスに感染して孤独死した人。詳細も明らかにされず、変死扱いされて消えていく人たち。 www.okinawatimes.co.jp

(公論)国民の生活補償より情報操作に金かける安倍政権

日本のマスコミはダメだが、アメリカのジャーナリズムはまだ信用できる。 lite-ra.com

(公論)世界の今

ETV特集「緊急対談 パンデミックが変える世界~海外の知性が語る展望~」という番組を見逃してしまった。記録しておく必要を感じたので、書き起こしされた方のサイトをリンクさせていただいた。 note.com

将来への教訓

科学の価値は 経済利益を生み出すことだけではない。 命・社会・国家を守る基本である。 ________________本庶佑・京都大学特別教授

(公論)夫の無念を晴らす妻の見識

この記事に注目した。夫の無念を晴らす妻は一個人で、民主主義が身についている。身についていないのは一国の総理と財務大臣である。加えて「調査しない」彼らをテレビで報道する局のコメンテーターも、彼らが調査される側であることを指摘できなかった。(…

(公論)新型肺炎の金沢市の対応

金沢市のこの対応は現実的でまた勇気ある対応だと思う。 news.livedoor.com mainichi.jp

ファシズムに加担した元コピーライター

確かにこの時期に行った糸井重里のツイッターは、全体主義に加担したと思う。どうして黙っていなかったのだろうか? 新型コロナであのコピーライターが3.11のときの言葉をまた…冷静なふりして批判を封じ込める“煽るな圧力”の正体が漫画に|LITERA/リテラ

(公論)新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されるいまのような状況

新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されるいまのような状況が訪れる前に、進行していた官僚の腐敗。記憶にとどめて置くためにこの記事を貼り付けておきたい。それにしても大坪寛子・大臣官房審議官の驕り高ぶった顔は醜くて正視できない。 lite-ra.com

菅官房長官を公然と非難するネットの声

いくらおとなしい国民も流石にこの人に声を上げるようになった、、、 〈みんな言ってる、ホテルなんかより被災地に支援をって。ブルーシートまだあるんだよ。誰を見て政治してるの?〉 〈仮設で不便な生活続くのに…〉 〈ホテルは儲かるなら勝手に民間が建て…

「心の貧困」問題

先ごろ来日したローマ教皇は、いじめなどの経験を語った若者3人に対し、逆境にどう立ち向かっていくのかを説いた。以下、スピーチを引用。 president.jp

11月19日のFTA採決

「桜を見る会」で騒いでいる間に、国民生活にとって致命的な採決が国会で通ってしまう。99パーセントの国民が100年の未来に渡って困窮していく道が作られてしまう。 www.youtube.com

(公論)哲学の復権

以下、『20世紀の哲学は「哲学の墓場」である——新たな原理の構想に向けて』から抜粋。 マルクス主義は、自由経済と資本主義が諸悪の根元だと考え、私的所有と自由競争を禁止しさえすれば、よい社会になると考えた。 しかしそれは大きな勘違いで、経済的な「…

(公論)戦争を語ること

Quoraに以下の質問者がいて、対する答えをされた方が具体的でリアルでした。今、日常レベルで戦争を話題にするとこうなるのかなと興味深かったので転記することにしました。(自分自身の考えの検証のために) 「日本は武力を放棄すべきだ、侵略された場合は…

(公論)3.11以後起きていること

今起こっていることは「集団化」である。長い動画であるが、今の時代を掴んでいる人から教えられることが多かったので、自分のブログに記録しておきたい。(つまり後から再視聴したいと感じたということ。) www.youtube.com

ドイツの謝罪

ドイツの戦後復興のことをあまりにも知らなすぎると思う。強権的であったと批判もある西ドイツ初代首相アデナウアーは、イスラエルの国会で正式に謝罪している。また莫大な賠償金も数回にわたって払い続けた、、、 ・俳愚人blogさんの記事より転載 (当初NHK…

(公論)2.26事件の真相

何故軍事政権ができたかは、明治憲法の統帥権の独立にあるのではないと思う。それは動機を説明しない。戦争遂行内閣を作るという動機は2.26事件の利用の中にあると思う。簡単にいうと、文民大臣に死の恐怖を与えて黙らせる(テロの利用)ためだ。以下は岡田…

(公論)日韓問題

現在の日本韓国間不信の原因を歴史に学ぶ一資料として、以下のブログ記事を記録しておきたい。投稿者は、内海信彦という早稲田大学教授です。 www.facebook.com 「台湾を経営し、朝鮮を合邦し、満州に五族協和の天地をつくったことが帝国主義といわれるなら…

革命家が広島を訪れていた

ゲバラが日本に滞在していた。1959年のことだった。その時マスコミは例のごとくアメリカと政府に忖度して誰もそれを報じていなかった。ほとんどの日本人は彼が何者かを知らなかった。貴重な映像が残されていた。ぼくのブログにも掲載しておきたい。

(公論)遺伝子組み換え作物の問題

日本のマスコミでは全く報道されない、遺伝子組み換え作物の問題。資本主義システムがいかに生態系までおかしくしていくかに付いて書かれている。少し長いが読んでみる価値は十分ある。もちろんマルクスはエコロジーに付いても先覚者だった。 以下印鑰 智哉 …

文学とは人間が「負ける」プロセスを描くもの

ネット上で、「小説家に求められる素質はなんでしょうか?」という質問にIT関係のライターの人が以下のように答えていた。 私の出した答えではありませんが、色川武大が「私の旧約聖書」という本でこんなことを書いてたので記憶から引用します。 > 文学とは…