開界録2019

ぼくの生きている実人生に架けられている「謎」を知ることから、一人で闘う階級闘争へ。

Love minus zoro

ボブ・ディランの歌詞に初めて出会う。こんなにも闘う詩人だったとは、今更に気づく自分が情けなくもある。ぼくの気づきでは、最後の方のカラスは「カフカ」のような存在で、それは「海辺のカフカ」に出てくるカラスに通じている、、、

 

My love she speaks like silence,

ぼくの恋人、彼女の口調は静寂のよう

Without ideals or violence,

理想も激しさもなしに語る

She doesn't have to say she's faithful,

彼女には自分が誠実だなどと言う必要もない

Yet she's true, like ice, like fire.

それでも彼女は誠心誠意

まるで氷のように、炎のように

People carry roses,

人々は薔薇の花を届け

Make promises by the hours,

一時間ごとに誓いを立てる

My love she laughs like the flowers,

ぼくの恋人、彼女は花のように笑う

Valentines can't buy her.

どんな褒め言葉も彼女をおとせない

In the dime stores and bus stations,

雑貨屋やバス停で

People talk of situations,

人々は時代について語り合い

Read books, repeat quotations,

本を読んでは引用を繰り返し

Draw conclusions on the wall.

壁に結論を書きつける

Some speak of the future,

将来を語る者もいる

My love she speaks softly,

ぼくの恋人、彼女の語り口はものやさしい

She knows there's no success like failure

彼女にはわかっている 失敗ほどの成功はないのだと

And that failure's no success at all.

そして、失敗はまるで成功などではないことを

The cloak and dagger dangles,

外套と短剣がぶらさがり

Madams light the candles.

ご婦人方がキャンドルに火を灯す

In ceremonies of the horsemen,

騎手たちのセレモニーでは

Even the pawn must hold a grudge.

一介のチェスの駒でさえ恨みを抱いている

Statues made of match sticks,

マッチ棒でできた像が

Crumble into one another,

バラバラに崩れ落ちる

My love winks, she does not bother,

ぼくの恋人はウィンクする、彼女は気に病まない

She knows too much to argue or to judge.

彼女は、

言い合ったり、裁いたりするのには

あまりにもものがわかりすぎている

The bridge at midnight trembles,

深夜の架け橋が震えている

The country doctor rambles,

田舎医者はそぞろ歩き

Bankers' nieces seek perfection,

銀行家どもの姪たちは、完璧さを求め

Expecting all the gifts that wise men bring.

賢い男たちからの贈り物を期待する

The wind howls like a hammer,

風はハンマーのように唸りをたて

The night blows cold and rainy,

夜は寒さと雨を吹きつける

My love she's like some raven

ぼくの恋人、彼女はまるでカラスのよう

At my window with a broken wing.

ぼくの窓辺で折れた翼で

  Translated into Japanese tonight by komasafarina.訳詞

 

www.youtube.com