開界録2019

The time I retired from jobs is the period reviewing and comprehending my past life.

小説を読んで何が身につくか?

小説を読むことのメリットとして、考える力がつくことを挙げた投稿に続いて、もっと実用的なメリットはないのか考えてみたい。というのも昨日小説を読むのが馬鹿らしくなったのは、それが村上龍の小説だからというわけだけではなさそうな気がしたからである。最近英語の勉強を始めているのだが、英語の文法書など読むと少しづつ英語の仕組みが分かり出して、英語が身近になるという実用性が得られる経験をしている。小説も英語参考書のような、何か具体的に実感できる獲得物がないものか?

それは実用的な知識なのかもしれないが、もっと言うと自分が変化できることのように思える。それまで出来なかったことができるように自分が変化したいのだ。小説を読んだだけでは明確な自己変化までは訪れないような気がする。第一読んでしばらくすると読んだ内容は忘れてしまう運命にある。一部の感動は思い出すことができるが、ほとんどのことはどこかに消えてしまうように思える。英語の文法やボキャブラリーはうまく理解して納得したものは覚えているものである。

小説を読んで視野が広くなる、ということはあるかもしれない。しかしそれを実証できるのか?英語はTOEICなどの試験でどれだけ身についたかを数値化できる。小説を読んで何がどの程度身についたかを試験できるわけではない。そうだ、それが不満なのだ。いつも間にか不満になってきていたのだ。それで昨日、突然弾けたのだ。

一つだけ試験的な手立てがありそうだ。それは論文を書いて誰かに評価してもらう方法だ。さて、どのような懸賞論文があるのだろうか?