開界録2019

ぼくの生きている実人生に架けられている「謎」を知ることから、一人で闘う階級闘争へ。

資本主義理解の修正

植村邦彦「隠された奴隷制」より

私たちの問題関心に即して言い直せば、こうなるだろう。近代の資本主義は、古代の奴隷制封建制などの「段階」を踏み越えて「進化/発展」してきた「より良い/より優れた」生産システムなどではない、ということである。なにしろ資本主義は奴隷制なしには存続しえないのだから。(資本主義勃興期はアフリカ黒人奴隷、現在は日本で過労死するような社畜奴隷によって___引用者)そしてもう一つ、いつの時代にも、国家的支配や強制的な労働関係から逃れて「自律的な」生活を願い求める一定数の人々がいた、ということである。

f:id:hotepoque:20201015105533j:plain