開界録2019

ぼくの生きている実人生に架けられている「謎」を知ることから、一人で闘う階級闘争へ。

初対面の人と会う

昨日のブログで最近外出が多かったと書いたが、一昨日の日曜日にはテニスのハシゴをすることになったことも付け加えておきたい。午前中はいつもの仲間でプレイしたが、午後3時からは初対面の人とゲームを楽しんだ。当然コートもいつもの野々市のコートではなく、金沢の郊外(城東地区)のコートだった。ぼくと妻の共通の友人からの誘いで、その友人が属するチームの男女二人と、妻のテニス教室仲間の女性一人が初対面だった。テニスをする人は人見知りをする人が多いような気がする。結局ぼくら6人とも人付き合いが苦手で似た者同士だった。プレイの合間は2人は休むことになり(ダブルスは4人でする)その間は何か喋らなければならない。テニスはいつ頃から始められましたか?2、3年でそこまで行くってすごいですね。あ、一緒の赤いシューズですね。レッドシューズ組の勝ちでした〜。妻のテニス 教室仲間のNさんは、いきなりぼくに夫婦喧嘩はしますかと聞いてきて、しょっちゅうですよと答えたぼく。ぼくと妻の共通の友人のKさんはダジャレと自虐ネタで、調子を取っていたようだった。妻は何を喋っていたのか分からなかったが、馴染んでいるようだった。ぼくはKさんのチームの女性のサーブが決まっていて、軽いリスペクトを抱いた。お上手ですねと言ったら照れていた。会話は少し緊張したが、ゲームを重ねると自然に打ち解けるようになるところがテニスのいいところだ。でも2時間のゲームが終わると、淡々とお疲れと言ってそれぞれ車に戻って帰り支度になった。それぞれ元の人見知りする自分に帰って行った。何だか少し寂しい気分になったのはぼくだけだったかもしれない。

f:id:hotepoque:20210413215954j:plain