開界録2019

ぼくの生きている実人生に架けられている「謎」を知ることから、一人で闘う階級闘争へ。

惰性態を打ち破るもの

今何もやる気が起こらない状態だ。計画からすれば今年立てた学習目標の、「グレート・ギャツビー」オーディオブックスの2章目を読まなければいけないのだけど、いつまでたっても取りかかれない。何かが邪魔している。つくづく思うのだが、怠惰なぼくのような人間は強制的に動かざるを得ないような外部の力が必要なようだ。計画を自分で立ててその通り実行することができない。このブログにも今年の目標を載せているのだから、「誓い」は立てたのだが、、、英語の学習で分かったのは、意味が分からない英文はリスリングできないことだ。予め読んで意味と文構造が頭に入ってないと、聞き取れないのだ。だから普通に日本語のいつも読んでいる小説のように、まず英文が読めなければ耳からの英語は頭に入って来ない。しかし、分からない単語が数カ所でてくるともう読み続けることができない。集中力がなくなる。ここに強制力が働く必要がある。これまでとってきた方法は、英文テキストを予定分読めないままで、小説等を読むのを禁ずるというやり方だった。読みたい小説があっても、ノルマの英文を読んで理解するまでは読まないことにしていた。そうすると全体として本を読まない時間が多くなってしまっているのが、ここ最近の状況なのだった。どうしても読みたい本があるから、これはぼくにとって強制力にはなりそうである。もうしばらく、この方法でやってみることにしよう。簡単には弱音を吐かないことだ。

f:id:hotepoque:20220113214831j:plain