開界録2019

ぼくの生きている実人生に架けられている「謎」を知ることから、一人で闘う階級闘争へ。

徒然に意識のままに

ごく大雑把にこのブログの存在について考えてみる。そもそもブログはぼくにとって思考の過程を叙述して、思考の客観化を目指すものだ。叙述は正確を期すが、意識にとって外部の型(5W1Hなど)から道具を借りて行うのではなく、ぼくの意識に現れたままに書くことを目指している。だから自然な流れのままに書くことで読む作業も途切れないようにという、配慮もある。この書くことと読むことが主なブログ上の作用になるわけだが、ブログを続けることで書く技術が向上し、読まれることの理解度もアップすると思われる。さてブログ特有の機能というものがある。ネット上に瞬時に公開される、ということだ。これが単に紙に日記を書くのとの大きな違いになる。読者がすでに自分以外に複数存在していることだ。そして何人かまたは何回か読まれたことが筆者に分かる仕組みになっている。それが書くことのモチベーションアップになっている。誰も読まないブロクを書き続けることは、事実上難しく感じられる。さらに、読者からのコメントが自分のブログに記載される機能もある。それを双方向のコミュニケーションと呼ぶこともあるが、ぼくのブログはほとんどが一方通行である。でもどういうわけか、その一方通行の記事内容が受け入れられることもある。それはスターマークというもので分かるようになっている。その時はブログ内容に何か伝わることがあったという証になる。多分ぼくを含めて多くの人がその伝わる快感のためにブログを書いているのだと思われる。ではなぜそれが快感なのだろうか?これも多分だが、自分の関係空間が日常の狭い空間から、時には意外なほど広がるからだろう。その時、日常の寂しさからしばし逃れられるからだろう。