開界録2019

ぼくの生きている実人生に架けられている「謎」を知ることから、一人で闘う階級闘争へ。

Dublinersの翻訳から英語を学ぶ2

Maria was a very, very small person indeed but she had a very long nose and a very long chin. She talked a little through her nose, always soothingly: “Yes, my dear,” and “No, my dear.” /マライアは、背丈は寸足らずなのに、鼻はするするとニビているし顎はやたら長い。ちょっぴり鼻にかかった喋り方をして、いつも宥めるような調子で言う。「それはそうよねえ、それは違うよねえ」

She was always sent for when the women quarrelled over their tubs and always succeeded in making peace. One day the matron had said to her:

“Maria, you are a veritable peace-maker!”/女たちが洗濯の最中に喧嘩になると、必ず呼び出され必ず仲直りさせる。いつか寮母が言った。「マライア、平和ならしめる者ってあなたのことね!」

And the sub-matron and two of the Board ladies had heard the compliment. And Ginger Mooney was always saying what she wouldn’t do to the dummy who had charge of the irons if it wasn’t for Maria. Everyone was so fond of Maria./副寮母と委員会の二人の婦人がその褒め言葉を聞いていた。それにジンジャー・ムーニーはいつも言う。わたしさ、マライアがいなかったなら、火熨斗掛けのあの啞女に何するかわかったもんじゃない。皆マライアが大好きなのだ。

柳瀬尚紀 訳>